組織

APOは理事会、生産性本部、事務局長が率いる事務局により構成されています。

.

Organization_Japanese

.

理事会

理事会は、APOの最高意志決定機関であり、加盟各国の政府によって任命された理事によって構成されています。毎年1回開催される会合では、事務局長による年次報告、会計監査によって承認を受けた決算報告を受け、活動の予算規模、戦略的重点分野、方針を決定します。

.

生産性本部代表者会議

各加盟国には生産性運動の推進組織として政府の指定する生産性本部が設置されています。生産性本部はAPO事業の企画・実施機関としての役目を担っており、それぞれの政府から支援を受けて生産性向上のための事業を調整します。毎年APOは生産性本部代表者会議を開催し、前年に実施されたAPOの事業の評価を行い、翌年実施される事業を確認し、生産性に関する課題や各加盟国の新たなニーズについて協議します。

.

事務局長

事務局を率いる事務局長は、理事会によって任命され、以下の役割を担います。

1. 事務局スタッフの業務を指揮・監督する。
2. 理事会の定例及び特別会合を招集する。
3. APOの2カ年事業計画・予算を作成し、理事会に提出して承認を受けるともとに、APOの活動の年次報告を行う。
4. 必要に応じ、理事会の定例及び特別会合の議題に関わる情報や必要書類を提出する。
5. 理事会その他の会議において、審議事項に関する意見を述べる。
6. 理事会の定例及び特別会合並びにその他の会議のために、必要な手配を全て行う。

.

APO事務局

事務局はAPO事業の執行機関であり、事務局長の指揮の下に運営されています。事務局は理事会による決定事項を実施します。また、NPOと協議しながら連携して事業の企画、準備、調整、実施まで行います。また加盟国のために他の国際機関や政府、民間機関とも協力します。事務局は4部署より構成されています。

.

総務財務部

総務財務部は、事務局の全部門を対象に組織、財務、人事の管理を担当し、年次理事会及び生産性本部代表者会議の開催運営を行うとともに、広報活動として出版物やインターネットなどによるAPOの活動紹介・報告や生産性に関する情報発信に取り組んでいます。

.

農業部

農業部は、「農業及び農村地域における生産性の向上」、「環境に優しい持続可能な農業の推進」、「農業関連産業、食品加工業の競争力の強化」に係るAPO加盟国の取組みを支援しています。この観点から、特に、「農業の持続的な発展」、「農産物の加工と流通」、「農村地域における新事業の創出」の3つの分野に重点的に取り組んでいます。

.

工業部

事務局内での主な研修実施部門として、工業部は各国生産性本部、製造業とサービス産業、緑の生産性関連事項を対象とした研修、ワークショップ、視察団事業、国際会議をはじめ、様々な人材開発事業を行っています。さらに、各国生産性本部の二国間協力強化事業(BCBN)、加盟国視察団の派遣(I-OSM)、デモンストレーション事業(DMP)、生産性本部強化支援(DON)、専門家派遣(TES)の実施も担っています。2012年に新たに構築した公共部門の生産性枠組みに基づき、工業部は加盟国の政策担当高官や幹部を対象にした特定のプロジェクトを実施する予定です。

.

調査企画部

調査企画部はAPOのシンクタンク部門として、農業部、工業部とともにAPO加盟国・地域内のアドバイザー的役割を果たしています。経済・生産性動向の測定に基づいて加盟国が効果的な経済政策を策定できるよう、生産性データに関する調査を行うほか、生産性向上に関する新たな動向、ノウハウ、ツールや技術に関する研究を行い、最新情報がAPO加盟国に届くよう活動しています。また、調査企画部はAPO事業の企画立案の役割も担っています。

Page Top