ニュース

バングラデシュの視察団が来日、APO事務局と日本生産性本部を訪問2010/02/18

photo2竹中APO事務総長(写真左)に記念品を贈呈するバングラデシュAPO理事Hussain氏

APOの生産性本部支援事業の一環として、バングラデシュよりAPO理事をはじめとする視察団3名が2月18日から19日、来日しました。

初日の18日、視察団はAPO事務局を訪問しました。昨年2月にバングラデシュのAPO理事に就任したDewan Zakir Hussain工業次官は竹中繁雄・APO事務総長との会談の中でバングラデシュの社会経済発展において生産性向上は欠かせないとし、APO理事としてバングラデシュ政府が生産性の重要性とAPOの役割を理解するよう協力する旨を伝えました。竹中との会談後、同代表団は事務局の各部からそれぞれの活動について説明を受け、Hussain氏は今後は参加者だけでなくバングラデシュの優秀な講師も積極的に派遣していきたいと述べました。

photo2日本生産性本部理事長・谷口恒明氏(写真左から2番目)と会談するバングラデシュ視察団

続いて19日には(財)日本生産性本部を訪問し、日本の生産性運動や日本経営品質賞など、同本部の生産性向上に関する取り組みについて説明を受けました。

バングラデシュは1982年にAPOに加盟して以来、様々なAPO事業に参加しています。同国ではAPO事業の参加者によるアルムナイ(参加者OB)である、APO Society for Bangladeshも立ち上げており、同国内でのAPO事業内容の波及に協力しています。

Page Top