ニュース

APO、グローバルフェスタJAPAN2010に参加2010/10/14

photo1
2010年10月2日、グローバルフェスタJAPAN2010のAPOテントに立ち寄る訪問者たち

10月6日は、国際協力への国民の理解と参加を呼びかけるために日本国政府が1987年に定めた「国際協力の日」です。1954年10月6日、コロンボ計画への加盟を閣議決定した日本が開発途上国に対する政府開発援助を開始したことに由来しています。

この日にちなんで毎年、東京・日比谷でグローバルフェスタ JAPANが開催されています。

外務省、国際協力機構、特定非営利活動法人 NGOセンターの主催によるこの催しは、今年は10月2日と3日に開かれ、APOも例年通り、国際機関の1つとして出展しました。

photo2
グローバルフェスタが催された日比谷公園は両日大勢の人で賑わった

国際協力に携わるNGOや政府、国際機関、大使館、一般企業など287の団体・企業が参加した今年のグローバルフェスタJAPAN2010のテーマは「MDGs(ミレニアム開発目標)、それは “私たちの約束”」。MDGsについて楽しく学べる参加型イベントや、知名人によるトークショーにチャリティーラン、各国の料理が味わえるフードコーナーなど、プログラム盛りだくさんのフェスティバルが行われ、両日とも爽やかな秋晴れの下、家族連れや学生たちなど大勢の訪問者が訪れ、賑わいを見せました。

APOの展示テントは、今年はメインステージの裏側に位置するオレンジエリアとなりました。APOの活動紹介パネルのほか、「APO Productivity Databook 2010」、「エコプロダクツ・ディレクトリー2010」、そして最近出版された知識経営関連の出版物などを展示し、関心のある方たちにお持ちいただきました。

APOの案内チラシや、2011年2月にインドで開催される第7回エコプロダクツ国際展のパンフレットを配布し、恒例となっているAPO加盟国の国旗当てゲームは小さなお子さんから大人まで、幅広い層の方に大人気で、テント前には挑戦者の列ができました。

お越し下さった皆様、お目にかかることができてとても嬉しかったです。

本当にありがとうございました。

Page Top