ニュース

第6回エコプロダクツ国際展 出展者説明会を都内で開催2009/12/18

APOは来年3月にインドネシア(ジャカルタ)で開催予定の第6回エコプロダクツ国際展(テーマ:緑の生産性―競争力強化を目指して)に出展および出展予定企業を対象に、会場情報や出展物輸送、航空券手配等についての説明会を12月18日に都内で行いました。

photo1
説明会に参加した出展予定企業の担当者
photo2
第6回エコプロダクツ国際展への意気込みを伝えるインドネシア商工会議所事務局長・ハリアディ・サプタジ氏

本説明会ではインドネシアから現地側主催者および運営事務局の代表者2人が来日しました。現地側主催者であるインドネシア商工会議所事務局長のハリアディ・サプタジ氏は「インドネシアは『グリーン・エコノミー』と呼ばれている持続可能な経済を求める一国として、この国際展を新たな経済発展の節目ととらえている」と挨拶しました。また現地側運営事務局であるディアンドラ社のラフマット・シャー氏は会場であるバライシダンジャカルタコンベンションセンター(Balai Sidang Jakarta Convention Center)の魅力的な施設設備の紹介をし、ラジオ、テレビ、新聞、雑誌等を利用した幅広い広報によって10万人以上の集客を見込んでいると報告しました。

さらに、在日インドネシア共和国大使館を代表して商務部長のトゥルス・ブディアント氏からも同大使館含めインドネシア政府が全面的に来年のエコプロダクツ国際展を支援している旨をご挨拶頂きました。

質疑応答では出展予定企業から会場の周辺の環境や機材持込みにあたっての会場の整備などに関する質問が出ました。

国際展開催まで3ヶ月を切り、APO事務局を始め主催者、運営事務局は同展の成功に向けて全力で準備を進めて参ります。

photo3
出展予定企業の代表者に挨拶をする在日インドネシア共和国大使館商務部長・トゥルス・ブディアント氏
Page Top