ニュース

APO事務局長、第57回WSMでアジアの生産性向上のための「スマート・イニシアチブ」を推進2016/10/19

マレーシアのプトラジャヤで本日開会された第57回生産性本部代表者会議(WSM)において、サンティ・カノクタナポーン・APO事務局長は、で着任後初となる正式な挨拶を行い、「Vision 2020の実現に向けたロードマップ」(Roadmap to Achieve Vision 2020)の目標に向け、APOは高度技術に対応した多数の取り組みに着手し、新たなデジタル経済時代における加盟各国の競争力と生産性の向上を推進していくと述べました。

「Vision 2020」達成のためには今日のAPOの加盟国にとって「ICT for Smart」(スマート社会のための情報通信技術)が重要な方策であることを強調した事務局長は、ハイパー・コネクテッドなデジタル社会においては、データや情報の途切れのない流れが、グローバルなモノの貿易よりも大きな経済価値を生み出す可能性があると指摘し、「実質的に、国境を越えて行われるあらゆる種類の取引がデジタルと結び付いている。デジタル世界経済へと向かう流れは加速の一途をたどるだろう」と述べました。

第57回生産性本部代表者会議開幕式(写真左から):モハマド・ラザリ・フセイン(Dato’ Mohd Razali Hussain)・マレーシア国APO理事代理、アズマン・ハシム(Tan Sri Asman Hashim)・マレーシア国APO理事、オン・カ・チュアン(Dato’ Seri Ong Ka Chuan)・マレーシア国第2国際貿易産業相、サンティ・カノクタナポーン・APO事務局長

第57回生産性本部代表者会議開幕式(写真左から):モハマド・ラザリ・フセイン(Dato’ Mohd Razali Hussain)・マレーシア国APO理事代理、アズマン・ハシム(Tan Sri Asman Hashim)・マレーシア国APO理事、オン・カ・チュアン(Dato’ Seri Ong Ka Chuan)・マレーシア国第2国際貿易産業相、サンティ・カノクタナポーン・APO事務局長

また、アジア太平洋全域で持続可能な経済開発を推進するためには、APOと各国生産性本部が明確な目標を掲げた協力関係を構築する必要があると強調し、APOは公的部門・高等教育・知識・都市などの重要分野全般にわたる生産性測定に関し、より先駆的かつ革新的な研究を推し進めていくと発表しました。さらに「APOは各国生産性本部との連携のもと、IoT(モノのインターネット)や、工業・農業・サービスのスマート・イニシアチブなど、新しい動向に即したプロジェクトを開発する」と述べました。

開会の辞を述べるオン・カ・チュアン(Dato’ Seri Ong Ka Chuan)・マレーシア国第2国際貿易産業相

開会の辞を述べるオン・カ・チュアン(Dato’ Seri Ong Ka Chuan)・マレーシア国第2国際貿易産業相

WSM開会式では主賓として出席したオン・カ・チュアン(Dato’ Seri Ong Ka Chuan)・マレーシア国第2国際貿易産業相が開会の辞を述べ、アズマン・ハシム(Tan Sri Asman Hashim)・マレーシア国APO理事が歓迎の挨拶を述べました。オン・カ・チュアン氏は、生産性は21世紀の経済を根本的に変える極めて重要なものであると指摘し、「第4次産業革命はまだ初期段階ではあるが、すでに人々の働き方、暮らし方、コミュニケーションのあり方を変え始めている。第4次産業革命に対応していくために、各国生産性本部はあらゆる要素を最適に取り入れ、生産性向上につなげるための極めて重要な役割を担っている」と述べました。

また、大臣はWSMの出席者に対して、イニシアチブ全体を見直し、加盟国全域の生産性を向上するためのより良い枠組みを構築することを求め、「自国における生産性向上の推進役として、各国生産性本部は生産性の水準を上げ、経済の競争力向上を図るという困難な責務を負っている。今回の会議は、目標達成のために各国の現状を評価する絶好の機会となる」と続けました。

アズマン・ハシム・マレーシア国APO理事は、加盟国間の協力促進および社会経済発展強化の機会拡大に対するAPOの貢献を評価しました。また、ビジネス・エクセレンス・フレームワーク(BEF)の実施によるマレーシアの近年の成功事例を挙げ、「マレーシア生産性本部は、シンガポールのビジネス・エクセレンスに関するAPOセンター・オブ・エクセレンス(Center of Excellence:CEO)を活用して、あらゆる組織にBEFを推進し、国全体の生産性向上を推し進めることに成功した。2013年以降、4,000社近い数の企業が順調にBEFを導入している」と報告しました。

歓迎の挨拶を述べるアズマン・ハシム(Tan Sri Asman Hashim)・マレーシア国APO理事

歓迎の挨拶を述べるアズマン・ハシム(Tan Sri Asman Hashim)・マレーシア国APO理事

本日開会したWSMは3日間にわたり実施され、APO加盟国19カ国の代表者のほか、農業分野の代表者やアドバイザーも出席し、複数の国際機関からオブザーバーが参加しています。

(写真提供:マレーシア生産性本部)

第57回生産性本部代表者会議の挨拶文(英文)はこちら

Page Top