ニュース

「生産性向上のため、一連の改革イニシアティブを加速すべき」サンティAPO事務局長 が発言2018/10/15

2018年10月2日から4日にかけて、インドネシアのジョグジャカルタで開催された第59回生産性本部代表者会議(WSM)で、サンティ・カノクタナポーンAPO事務局長は、「アジア太平洋地域、特にアジア生産性機構(APO)加盟諸国は、生産性向上のための改革イニシアティブや方策の推進を加速することが求められる」と発言しました。

インドネシア・ジョグジャカルタで開催された生産性本部代表者会議で発言するサンティ・カノクタナポーン・APO事務局長

インドネシア・ジョグジャカルタで開催された生産性本部代表者会議で発言するサンティ・カノクタナポーン・APO事務局長

改革とは長い旅である、と強調したサンティ事務局長は、「主要なすべての改革を一夜にして達成することはできないが、加盟各国の政府と協力し、段階的に達成していく。改革の成功には、政府が自らの役割を果たすことも必要である」と呼びかけました。

WSMは年1回開催される戦略的計画会議で、各国の経済状況のニーズに効果的に対応できるよう、APO加盟国間で2カ年計画を審議し、各イニシアティブの再検討を行います。2018年WSMでは2016~2017年度の各プログラムにおけるインパクト評価調査の発表、およびAPO事務局が提案した新規イニシアティブの報告が取り上げられました。

サンティ事務局長は、APO事務局はSpecific National Program(国別プログラム)の実施に取り組んでいる旨を発表し、加盟国の特定のニーズに合致する国の生産性イニシアティブをAPOが共同策定していくうえで、このプログラムが大きな役割を果たすことへの期待を表しました。

また、事務局が加盟国政府、学術機関、業界団体の有識者の代表で構成されるAccreditation Body Council(認定機関委員会)の設立に向けて準備を進めていることを報告し、「本イニシアティブは、加盟国政府が生産性に関する新知識を積み上げることを支援し、世界を牽引する生産性組織としてのAPOの立場を強化する」と説明しました。

本会議には、APO加盟19カ国から、生産性本部や農業団体の代表者やアドバイザーのほか、APOが連携している国際機関からオブザーバーが出席し、2019~2020年度の2カ年計画の提案内容についての見直しを行いました。提案されたプログラムはAPOによる「Vision2020の実現に向けたロードマップ」の再検討後に導入された、主要ビジネス改革に沿ったものです。さらに、各国代表が行った新しい事業提案についても議論が行われ、APO加盟各国において、より変化に強く、スマート化に対応し、未来を見据えた産業、農業、サービス、公共分野の改革を実現するため、新しいイニシアティブやプログラムを導入していくことで意見が一致しました。

閉幕の挨拶でサンティ事務局長は、第4次産業革命の勃興により、各国は経済政策において、従来のビジネス手法から脱却し、先を見越した行動を要求される、と強調し、「デザイン思考、マルチコラボレーション、社内ベンチャーなど、新しいビジネス・マネージメントの手法やツールを取り入れることが必要だ。さらに、APO加盟国の将来を形作るトレンドや破壊的技術を見極められるよう、コンテクスチュアル(状況に即した)・アウェアネスを高めねばならない」と述べました。

本会議の議長を務めた、クンジュン・マセハット(Kunjung Masehat)・APOインドネシア理事代理は、主要ビジネス改革イニシアティブは重要であり、第4次産業革命を背景としてAPOが新分野に進出することを決定したのは時宜を得ている、と述べました。さらに、「アジア太平洋全域で、我々は科学技術のこれまでにない高度な革新を目の当たりにしている。こうした、コグニティブ・コンピューティング、ビジュアル分析、付加製造、産業サイバー‐フィジカル・システム、ヒューマン-コンピュータ・インタラクションなどのテクノロジーによって産業のデジタル化が強化されることは、APO加盟国にとって有益である」と続けました。また、APO事務局に対し、進行中のスマート化改革とキャパシティ・ディベロップメント・イニシアティブを強化するため、引き続きプロジェクトや活動の精度を高め、調整を行っていくことが望まれる、と再度要請し、「APOは、破壊的技術がもたらす生産性にかかわる諸問題に取組み、将来を見据えながら、加盟各国のニーズや期待に応えつつ、『ビジョン2020』の戦略的目標に沿って、さまざまな活動を実施していけるものと確信している」と締めくくりました。

第59回生産性本部代表者会議

第59回生産性本部代表者会議

 

写真提供:インドネシア生産性本部

Page Top