事務局長

APO事務局長
サンティ・カノクタナポーン

サンティ・カノクタナポーン(Santhi Kanoktanaporn)事務局長は、40年以上にわたり生産性向上の取り組みや戦略的国際開発プログラムの推進に携わり、また、製品品質検査から環境・廃棄物管理のコンサルティング、電気通信や石油化学等、多岐にわたる豊富な実績があります。カノクタナポーン・事務局長は2016年4月にインドネシア、ジャカルタで開催された第58回APO理事会において全会一致で選出され、2016年9月16日に第11代APO事務局長として着任しました。

カノクタナポーン・事務局長は、英国サンダーランド・ポリテクニックで化学博士号、サシン経営大学院で経営学修士号を取得しており、複数の学術論文のほか、二冊(“Power and Love”、“Transformative Scenario Planning” 共にアダム・カヘン著)の訳書もあります。

カノクタナポーン氏は前職では、FTPI理事としてタイ国工業省の生産性向上マスタープラン(2016~2020年)策定に携わりました。また、FTPIの大規模な再構築に着手し、生産性分野における実施機関から国家戦略機関への転換をめざし、生産性運動を推進する真の国立機関としての基盤づくりを進めました。

FTPIでは、タイの工業およびサービス業の国際市場における競争力強化のために、「コンサルティングと研修」、「生産性調査」、「生産性促進」、「生産性ナレッジセンターとしての役割」、「出版」、「APOとの協力」という6つの分野で専門的技術・知識の提供を推進しました。FTPI理事として、品質、効率、生産性のコンセプトを広く一般社会に浸透させる長期的な啓発活動に力を入れるとともに、様々なFTPIのプロジェクトを通じて生産性向上と効率化の重要性に関する企業の意識向上にも取り組みました。

カノクタナポーン氏指揮のもと、FTPIは民間・公共セクターと協力し、生産性のコンセプトの広範な普及、開発と知識移転による競争力強化に取り組みました。カノクタナポーン氏はまた、「サステナブル・コーポレート・インデックス」を考案し、このツールは各企業のロードマップと持続可能性を実現するアクションプラン間のギャップを認識するための自己評価ツールとして活用されています。

さらに、カノクタナポーン氏は国内外のネットワークを活かしたデータ・知識・経験の交換及び交流を通じFTPIの生産性イニシアティブ活動に寄与しました。また、工業・サービス業・公共セクターの多様な組織に対し、持続可能な発展に欠かせない自己評価及び継続的改善のための指標となるタイ国経営経営品質賞(Thailand Quality Award: TQA)」のガイドライン(management excellence guideline)の適用を推奨し、その普及に貢献しました。TQAは今日ではタイ国の生産性戦略として、国内の官民両セクターにおける持続可能な管理体制改善を促し、国全体の競争力強化につながるものとして評価されています。

カノクタナポーン・事務局長はFTPI以前には、タイ工業省管轄の非営利団体Foundation for Industrial Development for the Management System Certificationの代表を務め、民間・公共セクターにおいて国際水準に見合った人材の育成と能力の標準化とによる国家全体の競争力向上のための取り組みを指揮し、タイ初のマネジメントシステム規格であるTISI 9999(工業を対象とした「足るを知る経済ガイドライン」)を導入しました。そのほか、タイCB協会(CB Association of Thailand)の会長、米国商工会議所のタイ国担当官、シスメン社 (Sysmen Company Limited) のマネージングディレクターを歴任しました。

Page Top